利息制限法(りそくせいげんほう)

利息制限法とは、一定の利率を超える利息を制限し、高利の取り締まりを目的とする法律のことです。

金銭を目的とする消費貸借上の利息の契約および賠償額の予定について、元本に対する割合である利率の観点から規制を加えた民法です。

同法では利率の上限について、元本10万円未満の場合は年20パーセント、元本10万円以上100万円未満の場合は年18パーセント、元本100万円以上の場合は年15パーセントと規定しています。

以前はその差が大きかったため、グレーゾーンが発生し、たくさんの過払い金などが発生し問題になりましたが、現在は実質的には差がほとんどなくなっています。

ピックアップ記事

  1. 会社員として勤めて5年になります。給料も安定していますし、家…
  2. カードローンを利用されている方は結構多いと思います。返済は債…
  3. 現在、高校生と中学生になる子供が二人いて、日々、家族のために…

関連リンク

  • 東京 インターナショナルスクール

    東京でインターナショナルスクールをお探しでしたら当園はいかがですか?グローバル社会に向けて今子どもたちに伝えるべきことは、昔の学びと大きく異なります。だからこそぜひ当園に。興味のある方はぜひ一度当サイトまでお越しください。

    www.mizuho-edu.co.jp/