保証人(ほしょうにん)

保証人(ほしょうにん)とは、債務保証を行う人のこと。たとえば、ある人(以降A)が借入を行いその保証人となったばあい、そのAが債務を返済できない場合、その返済義務を保証人も負うことになる。なお、保証人といっても法的には「単純保証」「連帯保証」「根保証」のようにいくつかの種類がある。

単純保証
通常保証人という場合はこの単純保証となる。保証人は催告の抗弁権、検索の抗弁権を持つ。また、複数の保証人がいる場合は「分別の利益」を持つ。

連帯保証
連帯保証人には催告の抗弁権、検索の抗弁権がない。そのため、実質上債務者と同じ地位となる。借入をした本人がどんな理由でも返済を拒否した場合、また債権者の都合により債権者は連帯保証人に対して債務の返済を求めることができる。
連帯保証は「自分が借金をするのとほとんど同じ」といわれるのはこのためである。