アドオン方式(あどおんほうしき)

アドオン方式とは利息の計算方式で、アドオン方式での返済をアドオン返済と言います。元金に貸出期間と所定の年利率を掛け算して利息額を算出し、そして元金と利息の総額を割賦回数で割り、毎回の返済額を決めるものです。

毎月の返済額が最初に決定されるので、利息総額わかりやすいのが特徴ですが、元利均等返済などと比べると、利息は減らないものとして計算されるので、最終的な返済額が多くなる傾向になります。

そのため、広告などを見た消費者がアドオン方式で算出される金利を誤解することもあり、割賦販売法の改正でアドオン金利の表示が禁止されるようになりました。