グレーゾーン金利(ぐれーぞーんきんり)

グレーゾーン金利とは、利息制限法で定められる上限金利と、出資法により定められている上限金利の間の金利のことを指す。利息制限法では上限金利は年15~20%であったが、出資法という法律では上限金利は年29.2%であった。この利息制限法と出資法の間金利をグレーゾーン金利と呼ぶ。

過去、多くの消費者金融業者などはこのグレーゾーン金利での貸付を行ってきたが、最高裁判決により消費者金融・カードローンにおいてグレーゾーン金利による貸出は認められないという判決がでた。また、2006年に改正された貸金業法で利息制限法の上限を超える金利の受領が禁止された。

また、このグレーゾーン金利による貸付部分についての過払い請求が認められたことから、グレーゾーン金利により貸付をしていた多くの消費者金融業者に対する過払い金返還請求が相次いだ。